武蔵野大学アントレプレナーシップ学部(武蔵野EMC)
Musashino University Faculty of Entrepreneurship

ニュース

武蔵野EMC教員紹介【齋藤 隆次・元株式会社ヴァレオジャパン 代表取締役社長】

武蔵野EMC教員紹介【齋藤 隆次・元株式会社ヴァレオジャパン 代表取締役社長】

齋藤 隆次
元株式会社ヴァレオジャパン 代表取締役社長

プロフィール

齋藤 隆次

元株式会社ヴァレオジャパン 代表取締役社長

1955年福島県生まれ。国立電気通信大学経営工学科卒。在学中は、行動科学や品質管理を学ぶ。パイオニア株式会社にて、40歳でアメリカ・ロサンゼルスに赴任し、北米事業全体を担当。メキシコ新工場設立プロジェクトのマネジメントにも携わる。44歳のとき、現地子会社パイオニア・インダストリアルコンポネンツインクのCEOに就任、経営合理化に辣腕を振るい、黒字化を果たす。フランス系大手自動車部品メーカー・ヴァレオの日本国内事業部長に就任。ドイツ・フランス・日本の文化のはざまで会社再生に取り組む。50歳でアジア統括部長に、57歳で日本法人社長に就任。パリにあるヴァレオ本社リエゾンコミュニティメンバー(全世界9万人の社員のトップ30人)に唯一の日本人として名を連ねる。在任中は世界市場における日系顧客からの受注を3倍に伸ばすなど、業績拡大に寄与する。また、「和魂洋才」の考えの下、外国の経営システムや考え方の長所を取り入れつつ、和のコミュニケーションと融合させながら進めていく異文化人材マネジメントの手法を確立し、KADOKAWAから「異文化理解の全テクニック」を出版した。

関連記事

RELATED ARTICLE